山内俊夫元参院議員、自ら申し出て資金管理か 1億円着服容疑で逮捕

[PR]

 経営に関与していた会社の資金を着服したとして元参院議員の山内俊夫容疑者(74)=東京都港区=が業務上横領容疑で逮捕された事件で、山内容疑者が資金の管理者に「私が預かる」と伝え、役員を務める一般社団法人の口座に送金させていたことが29日、捜査関係者への取材でわかった。資金はその後、山内容疑者が営む会社などの口座に移されたという。

 警視庁捜査2課によると、山内容疑者は2019年3月、格納庫の売買を手がける羽田空港格納庫合同会社東京都渋谷区)の資金約1億円を着服した疑いで逮捕された。合同会社の代表社員は都内の一般社団法人で、山内容疑者は法人の役員だった。

 捜査関係者によると、山内容疑者は懇意にしていた投資会社に「空港の格納庫を取得すれば50億~60億円で転売できる」と持ちかけて約28億円の出資を受け、合同会社が格納庫を購入したという。

 出資金の一部は、国有地に立つ格納庫の地代として国に支払うため、前所有者の代理人弁護士が管理していた。山内容疑者はこの弁護士に「合同会社の代表社員である一般社団法人の口座で私が管理する」などと説明したという。