• アピタル

診察はわずか数分、医療ミスも増加 香港で深刻化する医療人材不足

有料会員記事

台北=石田耕一郎
[PR]

 反体制的な言動を取り締まる香港国家安全維持法国安法)を嫌い、医師や看護師が相次いで海外に移住している。公立病院の人材不足は深刻で、治療ミスや患者の受診難が深刻化している。香港政府は香港外から医師を補充して対応する構えだが、医療危機を解決できるかは見通せない。(台北=石田耕一郎)

診察先延ばし、治療ミス増加

 香港の公立病院に勤めていた男性医師は今年、海外移住のために辞職した。昨年6月に施行された国安法による言論の自由の制限と、香港政府の医療政策に対する失望が理由だった。「香港の医療従事者は業務負担の増大によって燃え尽きる寸前だ」と言う。

 男性の病院は約2千の病床を抱え、香港に43カ所ある公立病院の中でも指折りの規模だった。ただ、国安法の施行後、男性がいた診療科だけで複数の医師や看護師が去った。周囲で辞職を考える同僚も約20人に上っていた。勤務時間は週80~100時間に達した。男性は「辞職するのは仕事のできるベテランが多かった」と振り返る。

 人員の逼迫(ひっぱく)により、男性の病院は不急の手術を延期する事態に陥り、数年から10年近く待たされる患者もいた。新型コロナの流行への対応も重なり、診察の予約は少なくとも数週間、先延ばしされていたという。

 男性は「長い時間待った患者に対し、私たちはわずか数分、診察するだけだった。他の公立病院に勤める大学同窓の医師も私と同様に悩んだ結果、辞職して海外に移住した」と話す。

 病床数が500ほどの公立病…

この記事は有料会員記事です。残り1229文字有料会員になると続きをお読みいただけます。