あの一戦のリベンジは…エディ率いるイングランド代表が得たもの

有料会員記事

ロンドン=遠田寛生
[PR]

 主役、エディ・ジョーンズ

 敵役、南アフリカ

 場所、イングランド

 この三つの要素がそろうと、何かが起きる。

 11月20日、ロンドンにあるラグビーの聖地、トゥイッケナム。エディ・ジョーンズ監督率いるイングランドは、南アと対戦した。

 顔を合わせるのは2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の決勝以来。約2年ぶりだ。あの時はイングランドが12―32で敗れている。

 注目の一戦に8万1623人が駆けつけた。試合開始2時間前には、すでに最寄り駅から長蛇の列ができていた。

 駅のホームに、何人ものダフ屋が並ぶ。スタジアムまでの道すがら、ソーセージのサンドイッチをほおばる人やパブでビールを流し込む人でにぎわう。

 前半、下馬評で劣勢とみられ…

この記事は有料会員記事です。残り1154文字有料会員になると続きをお読みいただけます。