• アピタル

ナミビアからの入国者の男性1人が陽性 オミクロン株か検体確認へ

新型コロナウイルス

石川友恵
[PR]

 南アフリカで見つかった新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」をめぐり、後藤茂之厚生労働相は29日、水際対策の強化措置がとられているナミビアから入国した男性1人について、28日夜に新型コロナの陽性が確認されたことを明らかにした。国立感染症研究所でゲノム解析をし、オミクロン株かどうか検体を確認するという。

 陽性だったのはナミビアから帰国した30代の男性。厚労省側は男性の国籍について明らかにしていない。オミクロン株かどうかを判定するゲノム解析には数日かかるという。

 政府は、南アフリカなどの計9カ国に対して、国指定宿泊施設での10日間の待機が必要とする水際対策をとっていた。政府は30日午前0時から外国人の新規入国を停止する。(石川友恵)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]