第1回ビットコインが法定通貨になった国 「ばらまいた」30ドルの成果は

有料記事

サンサルバドル=岡田玄
[PR]

 旅客機が5機も止まればいっぱいになりそうな、小さな空港だった。入国税の支払窓口に「Bitcoin」(ビットコイン、BTC)の文字がある。暗号資産(仮想通貨)を法定通貨に定めた国にやってきた。そんな実感がわいた。

 人口640万人、中米のエルサルバドルを10月に訪れた。

 30年ほど前まで続いた内戦で7万5千人が犠牲となった、世界的にも貧しい国の一つだ。国民の半数近くが貧困層とされる。そんな国が9月7日から、それまでの法定通貨米ドルに加え、BTCを世界で初めて法定通貨にした。

 ビットコインは代表的な暗号資産だが、価値の裏付けとなる資産がなく、価格も変動しやすい。そんな特徴を持つBTCを法定通貨とする小国の取り組みには、国際機関などから懐疑的な視線が向けられている。なぜ始まったのだろうか。人々に受け入れられているのだろうか。

ビットコインが法定通貨となったエルサルバドル。新市街の光景に記者は驚きます。記事後半では貧しい人々が多い旧市街の様子も紹介します。

政府が用意した「チボ」

 空港から乗り込んだタクシーは、濃い緑色の森を貫く一本道を走り、首都のサンサルバドルへ向かった。1時間ほどで市街地に入ると、車窓の風景は、花壇や植栽などの整備された緑へと変わった。

 新市街の光景は、貧困と暴力が問題となっている国とはにわかに信じがたい。高層ビルがならび、アメリカ資本のピザやハンバーガーのチェーン店が目に入る。首都は治安の良くない地域も珍しくないと聞くが、運転手は私を降ろすと、こう言って去っていった。

 「ここは安全だよ。夜も歩け…

この記事は有料記事です。残り2875文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    鵜飼啓
    (朝日新聞オピニオン編集長代理=国際)
    2021年12月13日18時15分 投稿
    【視点】

    2019年6月、ブケレ氏の大統領就任式を現地で取材しました。既存の政治構造を打ち破って当選したブケレ氏には当時の米トランプ政権も期待をかけていましたが、就任後は予測しがたい行動が目立つようです。ブケレ氏は一時、ツイッターのプロフィールで「世

  • commentatorHeader
    藤井涼
    (CNET Japan編集長)
    2021年12月13日9時11分 投稿
    【視点】

    エルサルバドルでは、6月に「ビットコイン法」が成立し、9月からビットコインは米ドルと並ぶ法定通貨となりました。世界銀行のデータによれば、エルサルバドルで国外からの送金はGDPの24%を占めており、国外からの送金コストを削減できるとの見方もあ