中部電力浜岡原発、最大津波「防波壁」超える想定へ見直し

有料会員記事

近藤郷平
[PR]

 中部電力浜岡原発静岡県御前崎市)で想定する最大の津波の高さについて、すでに完成した防波壁(高さ22メートル)を超える「22・5メートル」に見直したことがわかった。原子力規制委員会で、浜岡原発の審査が続いており、次回の審査会合でこの津波の想定を提示する。

 中部電はこれまで、浜岡原発での最大の津波の高さを「20・3メートル」と独自に試算。国内外のマグニチュード(M)8、9クラスの地震による津波について、最新の科学的知見に基づき検討してきた結果という。

 ただM9クラスの巨大地震に…

この記事は有料会員記事です。残り157文字有料会員になると続きをお読みいただけます。