自民・中西哲参院議員、政界引退の意向表明 体調不良理由

清野貴幸
[PR]

 自民党の中西哲(さとし)参院議員(69)=比例区=が29日、高知市内で会見を開き、体調不良などを理由に任期満了をもって政界を引退する意向を明らかにした。来夏の参院選が改選期に当たっていた。

 中西氏は両ひざに人工関節を入れていることや来月に70歳になることなどに触れ、「体力の回復が遅くなった。自分自身のけじめとしてちょうど良い時期だと思った」と話した。

 中西氏は高知県宿毛市議、県議などを経て、2016年7月の参院選比例区で初当選。今年10月まで外務政務官を務めた。(清野貴幸)