「団結示す訪台」 台湾の蔡総統とバルト3国の議員団が会談

台北=石田耕一郎
[PR]

 台湾を訪問しているリトアニアなどバルト3国の議員団は29日、蔡英文(ツァイインウェン)総統と会談した。蔡氏はソ連に併合されるなどした3国の歴史を踏まえ、「みなさんが民主主義を進展させた経験を共有させてもらいたい」と述べ、関係強化への期待を語った。

 蔡氏はあいさつで、先月にリトアニアに派遣した経済使節団に触れ、台湾企業が世界の生産量で大きなシェアを占める半導体産業などで、協力を強化する覚書に調印したことに言及。「(3国の)ラトビアエストニアとも各分野で協力を進めたい」と述べた。

 3国はいずれも欧州連合(EU)の加盟国で、北大西洋条約機構(NATO)にも加わる親米国だ。リトアニア国会の親台議連トップを務めるマタス・マルデイキス議員は会談で、「今回は台湾との団結を示す訪問だ。台湾がリトアニアに設けた代表処を通じ、対リトアニアだけでなく、EUとの関係も強化されることを望む」と語った。(台北=石田耕一郎)