• アピタル

オミクロン株で渡航制限 南アフリカ、憤る旅客「政治力ないから」

有料会員記事新型コロナウイルスオミクロン株

ヨハネスブルク=遠藤雄司
[PR]

 新型コロナウイルスオミクロン株が見つかった南アフリカに対する渡航制限が各国で相次いでいる。国際線のフライトが相次いで中止されたことで空港を訪れる旅客が激減しており、ラマポーザ大統領は渡航制限について「影響を受ける国の経済を悪化させ、感染拡大への対応力や回復力を損なうだけだ」と反発している。

 28日午後、最大都市ヨハネスブルクにある国際空港では、先週半ばまでみられた旅客で混雑する様子が一変していた。航空会社のチェックインカウンター周辺の職員や旅客の姿もまばらで、先週は常に数十人が列をなしていた荷物検査場前もがらんとしていた。

 仕事で南アを訪れていたアフリカ東部タンザニアのザンジバル在住のミュージシャン、ローレンス・ハーマンさん(33)は、疲れた様子で柱に背中を預けて座り込んでいた。「エチオピア航空の昨日の便で帰る予定だったが、オーバーブッキングで乗れなかった。今も航空会社と交渉している」と憤っていた。

 英国や欧州諸国などが渡航制…

この記事は有料会員記事です。残り738文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]