プラスチック製品「誰かが供給しないと…」東洋紡社長が語る使命とは

有料会員記事景気アンケート2021年秋

聞き手・井東礁
[PR]

 脱炭素の流れに、石油由来のプラスチックフィルムなどを手がける素材メーカーは、どう対応していくのか。東洋紡の竹内郁夫社長に聞いた。

 商品をつくってから廃棄やリサイクルまでの温室効果ガスの量を明示する「カーボンフットプリント」をめぐり、顧客企業からの要請が強まっています。応えていかないと実商売ができなくなります。

 例えば、スマートフォンですと、米大手に部材を納めているメーカーから我々に要請が来ます。要請はだんだんと材料メーカーにまでさかのぼってきているのです。

 我々は食品パッケージ用のフ…

この記事は有料会員記事です。残り443文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!