もう居ない生活は考えられません ヨークシャーテリアのルル

[PR]

 【香川】元はノラだった保護犬や保護猫も、ペットショップから迎えた犬猫も、鳥や魚やトカゲやウサギも、家庭にいる動物たちはみんな大切な家族です。そんなペットの写真を朝日新聞の紙面とデジタルで紹介するコーナー「うちのかぞく」。自慢の1枚をご応募ください。応募は香川、徳島、高知の在住者に限ります。

 窓口の朝日新聞高松総局のメール(takamatsu@asahi.comメールする)へ、件名に「ペット」、本文に①ペットの名前②飼い主の名前③住所④電話番号⑤ペットの種類や年齢、家に迎えたきっかけなどのエピソード(100字程度)を明記し、写真のデータを添付してお送りください。

 瀬戸内海放送が提供する「Park KSBアプリ」からも応募できます。アプリでは岡山在住の方からも受け付けます。

ルル(香川県三豊市

写真・図版
ルル(香川県三豊市)

 ルルは4年前、飼育放棄で保護されていたヨークシャーテリア。知人の紹介で家族に迎えました。当時3歳くらいでしたが、トイレはすぐ覚えてくれるし、先住犬との相性もバッチリ。もう誰もがルルの居ない生活は考えられません。

みかん(香川県土庄町

写真・図版
みかん(香川県土庄町)

 雑種の5歳。職場の乳母車の中で生まれていた4匹の子猫さんの1匹です。私が猫を飼いたかったので、家族の承諾を得てからお迎えしました。動物嫌いの子どもも大好きになりました。このハートの足、素敵でしょ!