EVシフト、命運握るのは車載電池 「中国・韓国に量では勝てない」

有料会員記事

千葉卓朗、神山純一、近藤郷平
[PR]

 日産自動車は29日、安全性が高く小型化しやすい全固体電池を2028年度に実用化すると発表した。電気自動車(EV)や電池など電動化に今後5年間で2兆円を投資する。30年度までに世界で販売する車種の半分以上を、ハイブリッド車(HV)を含めた電動車にする方針だ。

 日産は11年前にEVの「リーフ」を発売したが販売台数は伸び悩んでいて、新型電池の開発で巻き返しをねらう。この日公表した30年までの長期計画で目標を示した。全固体電池は24年度までに横浜工場内に試作品の生産ラインをつくる。28年度には搭載したEVを発売する。

 EVで出遅れているとされる日本の自動車メーカーは電池開発に力を入れる。全固体電池実用化の時期についてトヨタ自動車は「20年代前半」、ホンダは「20年代後半」と表明していた。日産はこれまで「20年代後半」としていたが、具体的な目標を設定した。

 EVやHV向けにはリチウムイオン電池が主流だ。電解質は液体で、漏れると発熱や発火の恐れがある。全固体電池は電解質が漏れにくくエネルギー密度が高い。日産が開発する全固体電池はエネルギー密度をリチウムイオン電池の2倍、充電時間を3分の1にすることをめざす。

 日産は26年度までにEVと…

この記事は有料会員記事です。残り3010文字有料会員になると続きをお読みいただけます。