経費低めが招致の「常識」 札幌五輪の開催経費はどうなる

有料会員記事

[PR]

札幌市は29日、2030年冬季五輪招致に向けた開催概要案を公表した。コロナ禍で「無観客開催」となった東京五輪は開催経費が膨らみ、巨大なスポーツの祭典への世論は目は厳しさを増す。招致機運が高まるかは、不透明だ。

 札幌市の案は国際オリンピック委員会(IOC)が打ち出す既設、仮設の会場を推奨する「節約路線」を踏まえている。そり会場は新設せず、1998年大会で使った長野市の施設「スパイラル」を使うのはその典型だ。

 しかし、この予算案を額面通…

この記事は有料会員記事です。残り512文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!