• アピタル

新変異株「米国でも避けられない」 バイデン氏、南アの透明性を評価

新型コロナウイルス

ワシントン=合田禄
[PR]

 バイデン米大統領は29日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」をめぐる対応についてホワイトハウスで記者会見し、「この変異株は懸念の種ではあるが、パニックを引き起こすものではない」と述べ、冷静な対応を呼びかけた。その上で、ワクチン接種をさらに進めることの重要性を訴えた。

 バイデン氏は「新たな変異株から身を守る最も優れた方法はワクチン接種を完了させ、ブースター接種もすることだ」と強調した。

 その根拠として、ファウチ大統領首席医療顧問がオミクロン株に対しても、既存のワクチンがある程度の効果を持っているとする見解を示していることを挙げた。

 また、現在あるワクチンの改良が必要になった場合に備え、すでに米製薬大手ファイザーなどワクチン開発企業と協力しており、すべての利用可能な手段を使って開発を加速させるとした。

 米国は29日から、南アフリカなど8カ国からの外国人の入国を原則禁止した。一方で、南アフリカに対する渡航制限が各国で相次いだことに、同国の大統領は反発している。

 バイデン氏は「南アフリカの科学者らが新たな変異株の出現をすぐに世界へ知らせた。この透明性は称賛されるべきものだ」と指摘。入国制限を警戒して新たな変異株が報告されにくくなるという懸念については、「私はそうは思わない。入国制限は(対象国で)かなりの数の感染者が出たためだ。ワクチンを接種する機会を確保するための時間が必要だ。ある時点で新たな変異株が米国内でも出てくることは避けられない」と語った。

 オミクロン株の感染者の入国を監視するために新たな手段をとるのかという質問に対しては、会見に同席したファウチ氏が「現在、入国には事前に検査を受け、ワクチンの接種状況を提示しないといけない。幸運なことに、PCR検査はこの変異株も検出することができる」と答えた。(ワシントン=合田禄)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]