立憲・泉氏「執行部の半数を女性に」 代表選決意表明で党改革訴える

立憲

[PR]

 立憲民主党枝野幸男氏の後任の代表を決める臨時党大会が、30日、東京都港区東京プリンスホテルで始まった。立候補している逢坂誠二政調会長小川淳也元総務政務官泉健太政調会長、西村智奈美元厚生労働副大臣の4人が「決意表明」の演説をした。

 泉健太氏は代表選の決意表明で「私たちは国民に常に寄り添い、困っている方の話を聞き、それを政策に変え、政府をただしていく。この姿勢こそ、みんなで一丸となって全国民に訴えていくことだ」と強調。「みなさん、一緒に立ち上がろうではありませんか」と呼びかけ、会場の拍手を誘った。

 泉氏は党改革として「執行部の半数を女性にしたい」とし、来年の参院選に向けては「公約はボトムアップで立案する。他の政党や支援団体とも良好な関係をしっかりつくり、連携に努めたい」と語った。

 最後に「草の根の民主主義によって政治は動くはずだ。政治は権力者だけのものではない。そう思っているみなさま、ぜひ立憲民主党に期待してください。我々はその選択肢になる」と訴えた。