日大への補助金交付、「厳正な判断が重要」 会見で文科相

桑原紀彦
[PR]

 日本大学理事長の田中英寿容疑者(74)が脱税容疑で逮捕されたことについて、末松信介文部科学相は30日の記者会見で「深刻な事態で、極めて遺憾」と述べ、改めて早急に大学幹部を呼び、徹底した調査と説明責任を果たすよう強く指導する意向を示した。

 日大は、現時点で今年度の国からの経常費補助金交付が保留されている。私立各校への補助金の交付を担う日本私立学校振興・共済事業団が配分額を決める予定だが、末松文科相は「極めて厳正な判断がなされることが重要」と指摘し、不交付の措置もあり得ることをにじませた。一方、田中理事長の進退については「まず、日大の中で十分な議論をしていただきたい」と述べるにとどめた。(桑原紀彦)