• アピタル

オミクロン株、国内で初確認 ナミビアから到着した30代男性

新型コロナウイルス

市野塊
[PR]

 南アフリカで見つかった新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」が、日本国内でも初めて確認された。松野博一官房長官は30日、28日にナミビアから成田空港に到着した30代男性が感染していたと発表した。空港検疫で感染が確認された後、検体を国立感染症研究所で解析していた。

 厚労省によると、男性は家族2人とともに入国し、発熱があるという。搭乗していた航空機で、男性の前後2列に座っていた人が濃厚接触者にあたる可能性があり、保健所が判定を進めている。

 オミクロン株は感染性の増加や既存のワクチン効果の低下などが生じるおそれがあり、感染研は28日に警戒度が最も高い「懸念される変異株(VOC)」に位置づけた。ウイルスの感染にかかわる部位「スパイクたんぱく質」に約30カ所の変異がある。(市野塊)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]