電源の脱炭素「進まないと…」 電子部品のアルプスアルパイン社長 

有料会員記事景気アンケート2021年秋

聞き手・木村聡史
[PR]

 欧米のグローバルメーカーが脱炭素に向けた動きを強めている。売り上げの大半を海外で稼ぐ電子部品メーカー、アルプスアルパインの栗山年弘社長に課題を聞いた。

 事業で使う電力やエネルギーは2030年にはすべて再生可能エネルギーにする目標を掲げています。太陽光パネルを自前で設置するほか、他社の削減分を買い取るクレジット制度も使います。

 売り上げの8割を海外であげており、その3分の2が車載器などの自動車関連です。米国、中国、欧州が3大市場です。取引先、とりわけグローバルブランドの脱炭素への要求は非常に強まっています。我々も乗り遅れるわけにはいきません。

 しかし、日本の電源構成は火…

この記事は有料会員記事です。残り398文字有料会員になると続きをお読みいただけます。