岐阜県美濃加茂市の前市長が再審請求 受託収賄罪などで有罪確定

[PR]

 岐阜県美濃加茂市の浄水施設設置をめぐり受託収賄などの罪に問われ、2017年に有罪判決が確定した同市の藤井浩人前市長(37)が30日、名古屋高裁に無罪を求め、再審を請求した。

 再審請求理由書によると、贈賄側男性の供述の信用性を高める証言をした人が、昨年10月、検察官が告げた裏付けのないことを前提に証言したと明かしたという。理由書は、違法捜査であり、これらの新証拠により確定判決に合理的な疑いが生じたとしている。

 藤井前市長は30日、名古屋市内での会見で「こんな事件が認定されたままでいいわけがない。多くの人にこういう現実があることを知って、裁判官がどういった判断を下すのかぜひ見てほしい」と話した。

 藤井氏は一審・名古屋地裁の無罪判決後、二審・名古屋高裁で懲役1年6カ月執行猶予3年、追徴金30万円の判決を受けた。最高裁が上告を棄却していた。