作詞家の喜多條忠さん死去 「神田川」「暑中お見舞い申し上げます」

 「神田川」や「暑中お見舞い申し上げます」などのヒット曲を手がけた作詞家の喜多條忠(きたじょう・まこと)さんが11月22日、肺がんのため死去した。74歳だった。葬儀は近親者で営んだ。喪主は妻輝美さん。

 大阪府出身。早稲田大学在学中の実体験に基づき、ほの暗く叙情的な詞をつづった「神田川」は、南こうせつとかぐや姫が歌って大ヒットを記録。日本の70年代フォークを代表する楽曲となった。

 キャンディーズに提供した「暑中お見舞い申し上げます」「やさしい悪魔」などは代表曲となった。梓みちよ「メランコリー」、柏原よしえが歌ったことで知られる「ハロー・グッバイ」などもヒットした。

 昨年まで日本作詩家協会会長を務め、その後、名誉会長。日本音楽著作権協会の理事も務めていた。