• アピタル

オミクロン株、欧州で相次ぐ確認 英国では市中感染疑わせる事例も

[PR]

 新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」は、欧州などで新たな感染が相次いで確認されている。

 英国では、現地時間11月30日午前9時時点で計14人の感染が確認された。うち9人が確認された英スコットランド自治政府のスタージョン首席大臣(首相に相当)は29日の会見で、感染者に海外渡航歴のない人が含まれているとして、「変異株の市中感染が既に起きているのではないかと示唆している」と認めた。

 ただ、市中感染が現在も続いているという証拠はないとして、冷静になるよう呼びかけた。

 スウェーデン公衆衛生当局は29日、国内初となる感染者が確認されたと発表した。ロイター通信によると、南アフリカからの渡航者が1週間ほど前に受けた検査で判明したという。スペインでも同日、首都マドリードの病院が初の感染例を報告。AFP通信によると、28日に南アフリカから入国した51歳の男性という。

 フランスでは30日、マダガスカル沖合の海外領レユニオン島で男性1人の感染を初めて確認。仏紙ルモンドによると、モザンビークから南アフリカ経由で同島に入ったという。

 オランダの保健当局は30日、新たに2例の感染を確認し、感染者は計16例になったと発表した。11月26日に南アフリカから到着した航空便からの感染は14人に上るが、これとは別に、同月の19日と23日に採取された検体だという。感染した人がアフリカ南部への渡航歴があるかなどは明らかになっておらず、当局は感染の経緯の調査を始めた。

 26日の便で到着した人のオミクロン株感染は、株の詳しい分析から、異なる場所、複数のルートでの感染だとみられるとしている。

 欧州連合(EU)の公衆衛生当局は30日、EU内でのオミクロン株感染者が11カ国で計44例確認されたと明らかにした。

 韓国政府は30日、ナイジェリアを訪れた40代の夫妻に感染の疑いがあるとして検査を行っていると発表した。11月14~23日にナイジェリアを訪問し、帰国後の25日に陽性の判定を受けていた。ともにワクチン接種を2回終えていた。韓国政府は同日、緊急会議を開き、国内流入を防ぐ方法を議論するため、官庁横断のタスクフォースをつくると発表した。

 オーストラリア最大都市シドニーがあるニューサウスウェールズ州の保健当局は30日、新たに1人の感染者が確認されたと発表した。同国のオミクロン株感染者は計5人になった。

 厚生労働省によると、新型コロナウイルスのオミクロン株の感染例は、少なくとも22の国と地域から報告されているという。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]