「ようやく家で夕食が食べられる」 福島・葛尾村で準備宿泊始まる

有料会員記事

見崎浩一、笠井哲也
[PR]

 東京電力福島第一原発事故で帰還困難区域に指定されている福島県葛尾(かつらお)村の一部地域で30日、準備宿泊が始まった。来春に予定する避難指示の解除に向けた取り組みで、住民は夜も自宅に泊まることができるようになった。7市町村に残る同区域内では初めて。

 準備宿泊の対象は、村の東側に位置する野行(のゆき)地区の約95ヘクタール。11月1日現在で30世帯83人が住民登録している。避難指示の解除に向けて、政府が国費を投じて家屋の解体や住宅周辺の除染に取り組む「特定復興再生拠点」にあたる。

 29日までに準備宿泊の申請をしたのは1世帯。内藤一男さん(64)と光子さん(63)夫婦で、2010年12月に自宅を新築したが、半年たたずに長期避難を余儀なくされた。以来、避難先の東京から約2カ月に1回、車で片道5時間かけて通い、家の掃除などをしながら、帰宅するための準備を続けてきた。

 10年8カ月ぶりに我が家に泊まる一男さんは「10年間、泊まることを日々、夢見てきた。ようやく家で夕飯が食べられます」と涙ぐんだ。光子さんも「こういう日が迎えられてうれしい。両親が苦労して開拓した土地なので、守っていきたい」。避難指示が解除されれば、2人でこの地で暮らす予定という。

 村は、拠点を足がかりに帰還…

この記事は有料会員記事です。残り414文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!