立憲・泉新代表に県内議員から期待の声 参院選の対応に課題も

立憲

吉備彩日、横山蔵利
[PR]

 【青森】30日に投開票された立憲民主党の代表選で、泉健太氏が新代表に決まった。県内の地方議員らからは「共産党以外の野党とも連携を深められる」と今後に期待する声があがった。一方で、現職の田名部匡代参院議員が改選を迎える来夏の参院選に向け、共産との共闘をどうするかなど、課題は山積している。

 泉氏の選対本部長も務めた田名部参院議員は「他党とも連携して良い政策を提言し、実現できると確信している」とコメントを出した。泉氏に投票したという県連筆頭副代表の田名部定男県議は「党をどう生まれ変わらせるか。(政策)提案型と言っているので、そこに期待する」。同じく泉氏に投票した今博県議も「いよいよ中道路線が生まれる」と期待した。

 泉氏は代表選で、枝野幸男前代表が衆院選で共産と結んだ「閣外協力」という合意などについて見直しの必要性に言及。国民民主党など他の野党とも歩調を合わせる重要性を訴えた。

 今県議は衆院選の際、自身の支援者から「共産党に寄りすぎだ」と戸惑いの声があがっていたとし、参院選での野党共闘に向けては、泉氏が接点を持つ国民民主と、維新とのつながりを深めることを期待した。

 田名部参院議員は2016年の参院選で共産を含めた野党共闘の結果、当選を果たした。ただ、同氏に近い関係者は「自民党対野党という1対1の構図は大事」としつつ、衆院選で進めた共産との共闘には「入ってくる票と離れる票がある」と疑問を呈しており、来夏の参院選での対応は不透明だ。

 こうした動きに対し、共産の畑中孝之県委員長は「総選挙で交わした確認や政権合意は今後も生きる内容。体制が変わってもそれを前進させることを求めていく」と牽制(けんせい)。「参院選では改憲勢力に3分の2の議席を許さないことが大きなテーマ。やはり一本化の実現をめざしたい」と述べた。(吉備彩日、横山蔵利)