なぜ「ザワ」が犠牲に、真相を知りたかった 絶えない献花と悔やむ声

有料会員記事大阪・北新地のビル火災

安井健悟、久保田侑暉
[PR]

 25人が犠牲になった大阪市北区の放火殺人事件は、12月31日で発生から2週間がたち、現場には献花に訪れる人々の姿があった。30日には、重篤な状況が続いていた谷本盛雄容疑者(61)が死亡。現場を訪れた人々からは、事件の全容が解明されないことを悔やむ声が聞かれた。

 現場のクリニックが入る雑居ビル前。冷たい風の中、次々と人が訪れ、歩道脇の配電設備の周りに花を手向けた。

 事件で亡くなったクリニック院長の西沢弘太郎さん(49)と小学校の同級生だった女性(48)=埼玉県=はこの日、大阪に帰省。娘を連れて、真っ先に現場を訪れた。

 西沢さんのことは「ザワ」と呼び、お互いの家を行き来する間柄だったという。「彼はランドセルが緑色で、我が道を行くタイプ。楽しい人でした」。「せめて気持ちだけでも」とコーヒーを供え、ビルの4階に向かって手を合わせた。黒く焦げた窓枠や天井を見つめ、涙を浮かべた。

 谷本容疑者が死亡し、事件の真相解明は難しくなる恐れがある。女性は「何とか事件の真相を聞きたかった。残念(な気持ち)しかないです」と悔やんだ。

 大阪府介護職の男性(45…

この記事は有料会員記事です。残り373文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら