• アピタル

オミクロン株、ワクチン3回接種の医師2人感染 イスラエル

新型コロナウイルスオミクロン株

エルサレム=清宮涼
[PR]

 中東イスラエルで11月30日、医師2人が新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に感染していたことがわかった。2人は新型コロナのファイザー製ワクチンを3回接種済みだったという。イスラエルでは、これまでオミクロン株の感染が2人確認されており、感染者は計4人となった。

 イスラエル中部ラマトガンにある国立総合病院、シェバ・メディカルセンターが、所属する医師2人の感染を明らかにした。うち1人は数日前にロンドンでの会議に出席した後、イスラエルに帰国していた。いずれも症状は軽く、自宅で療養しているという。

 イスラエルではこれまで、マラウイと南アフリカから入国した2人にオミクロン株の感染が確認されている。水際対策として28日深夜以降、原則としてすべての外国人の入国を14日間、禁止している。(エルサレム=清宮涼

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]