• アピタル

英国、3回目接種を加速 日曜に協力の薬局へ報酬引き上げ

新型コロナウイルス

ロンドン=金成隆一
[PR]

 新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染が広がっていることを受け、ジョンソン英首相は11月30日、免疫を高める3回目のブースター接種の機会を、来年1月末までにイングランドの成人の全対象者へ提供する、との目標を掲げた。達成するため、日曜に接種に協力する薬局などへの報酬を引き上げる方針も示した。

 発表によると、ブースター接種を急ぐため、来年1月末までは、接種会場となる薬局や町医者への報酬をワクチン1本あたり15ポンド(2250円)に引き上げる。英メディアによると通常は約12・6ポンド(1900円)。さらに通常は休むことが多い日曜に協力すれば、1本あたり5ポンド(750円)を追加する、としている。

 ジョンソン氏は記者会見で「確実にわかっていることが一つある。それはオミクロン株への唯一最大の防御策はワクチン接種ということだ」と述べ、3回目接種を急ぐ意義を強調した。

 英国では11月29日時点で12歳以上の約32%に相当する1821万人が3回目を接種済み。(ロンドン=金成隆一)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]