CNNの看板キャスター停職 兄の前NY州知事のセクハラ問題で助言

ニューヨーク=中井大助
[PR]

 米CNNは11月30日、看板キャスターのクリス・クオモ氏を無期限の停職にした、と明らかにした。兄のアンドリュー・クオモ前ニューヨーク州知事=8月に辞職=のセクハラスキャンダルをめぐり、擁護への深い関与が発覚したとしている。CNNも調査を進めるという。

 アンドリュー氏に対しては、昨年末から複数の女性が「セクハラを受けた」と告発し、州司法長官が調査に乗り出していた。クリス氏はこれまでも、調査が進む間、アンドリュー氏の側近らに助言していたことを認めていた。司法長官が29日に公表した資料では、兄の側近に「私にも手伝わせて」とメッセージを送ったり、他の報道機関の記事の状況を調べようとしたりしていたことが判明した。

 CNNは30日の声明で、既に明らかになっていた助言も内規違反だったものの、「(クリス氏が)独特の立場にあり、家族を第一、仕事を第二にする必要を理解していた」と説明した。ただ、新たな資料によって「重大な問題が生じている」として、停職処分としたうえで調査することを決めたという。

 クオモ兄弟は、マリオ・クオモ元ニューヨーク州知事の息子。新型コロナウイルスの感染が拡大していた間、アンドリュー氏がクリス氏の番組に出演したことなどでも話題となった。(ニューヨーク=中井大助