建物の屋根など飛ぶ 栃木県真岡市で強風被害

津布楽洋一
[PR]

 1日早朝、栃木県真岡市で、強風により建物が損壊するなどの被害が出た。同市によると、午前10時半時点で、小屋の屋根が飛ばされたり、木が倒れて道路をふさいだりする被害が約10カ所で出ているという。けが人は確認されていない。

 同市西郷では、駐車場兼物置小屋の屋根が飛ばされ、周囲の民家などにぶつかった。小屋の所有者によると、飛ばされた屋根は幅約10メートル、奥行き約5メートルだという。近所に住む60代の女性は「午前6時前にガシャーンと大きな音がして、跳び起きた」と、驚いた様子だった。(津布楽洋一)