• アピタル

オミクロン株、濃厚接触者専用ホテルを用意 大阪府・吉村知事が方針

新型コロナウイルスオミクロン株

笹川翔平
[PR]

 大阪府吉村洋文知事は1日、関西空港(大阪府泉佐野市)から入国した人が新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」に感染していることが確認された場合を想定し、宿泊療養施設として府が確保しているホテルのうち1カ所を、濃厚接触者向け専用にする方針を明らかにした。同じ飛行機に乗っていた人全員が濃厚接触者と判定されることを見越して、受け入れ先を確保する。

 11月30日に国内で初めて感染が確認されたナミビア国籍の外交官の事例では、厚生労働省が同じ飛行機に乗っていた70人全員を濃厚接触者とした。外交官はナミビアから第三国を経由して成田空港に到着し、空港検疫で感染が確認された。

 吉村知事は大阪府庁での記者団の取材に対し、関空でも同様のケースが想定されると指摘。ホテル1カ所で濃厚接触者を専門的に受け入れ、1日おきにPCR検査を受けられるようにする。

 吉村知事はまた、陽性が判明した人の変異株の検査を強化する方針も示し、「こうした対策で、なんとか関西、国内でオミクロン株が広がるのを防ぎたい」と語った。(笹川翔平)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]