防衛省、米軍に飛行中止要請へ 三沢基地F16のタンク投棄で

[PR]

 米軍三沢基地青森県三沢市)所属のF16戦闘機が飛行中に燃料タンクを投棄し民家が点在する同県深浦町役場近くに落ちた問題を受け、防衛省は1日、米側に対して飛行の安全が確認されるまでの間、同基地所属のF16の飛行を行わないように求めることを明らかにした。

 同省によると、岸信夫防衛相は同日の省内会議で、米側にF16戦闘機の飛行停止や情報提供などを求めるよう幹部らに指示した。また、同省地方協力局長から在日米軍司令官に対し、「住民の安全で平穏な生活に深刻な影響を与えかねない極めて遺憾な事案」などと伝えた上で、安全管理の徹底や原因究明、再発防止などを申し入れた。

 同基地によると、11月30日夕に戦闘機が飛行中に緊急事態に陥り、二つの燃料タンクを投棄したあと、青森空港青森市)に緊急着陸した。燃料タンクの一つは見つかっていない。

 政府は鬼木誠防衛副大臣を1日に現地へ派遣し、三村申吾青森県知事や吉田満・深浦町長に対して状況などを説明する方針だ。