愛知・中3刺殺、容疑の生徒「悪いことをした」 4日前に包丁購入

有料会員記事

[PR]

 愛知県弥富市の市立中学校で3年生の男子生徒が刺殺された事件で、殺人の疑いで送検された男子生徒(14)が、事件について「悪いことをした」という趣旨の話をしていることが、捜査関係者への取材でわかった。

 凶器となった包丁を事件の4日前に購入していたことも判明。県警が事件に至った動機を詳しく調べている。

 事件は11月24日朝に発生した。捜査関係者によると、男子生徒は4日前の11月20日、コンビニで買ったプリペイドカードを使って、自身のスマートフォンでインターネットで凶器の包丁を購入。22日に自宅に届いたという。事件当日は通学用のリュックサックに隠し、登校したとみられる。

 捜査関係者によると、男子生徒は昨年9月の生徒会の選挙で「応援演説を頼まれたのが嫌だった」「友人との会話に割って入ってくるのが嫌だった」などと、被害生徒(14)に複数の不満があったと話しているという。

 同学年の一人は、被害生徒が男子生徒に「たまにちょっかいを出すことはあった」と振り返る。ただ、暴力や乱暴な言葉はなく、「大した感じには見えなくて、じゃれ合っている感じだった」と話す。

 捜査関係者の一人は「誰もが殺意を抱くと思うような直接的な出来事が見えてこない」。別の捜査幹部も「悩みを抱えていない中学生なんていない。動機の本格的な解明には時間がかかるだろう」とみる。

 県警は引き続き、動機を慎重に調べている。

思春期の子ども、どう対応

 思春期の子どもにどう声かけをしたらよいのか悩む保護者は少なくない。心の異変をどうキャッチし、どう対応すればいいのか。

 高橋聡美・防衛医科大元教授…

この記事は有料会員記事です。残り716文字有料会員になると続きをお読みいただけます。