• アピタル

オミクロン株への有効性「検査に取り組む」 新型コロナの飲み薬

有料会員記事

合田禄=ワシントン、市野塊
[PR]

 米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は11月30日、米製薬大手メルクが開発した新型コロナウイルスの飲み薬「モルヌピラビル」について、緊急使用許可を出すよう勧告した。対象は、重症化するリスクが高く、発症から5日以内の軽症・中等症患者。FDAはこの勧告を尊重するとみられ、米メディアは年内に使用できるようになる可能性が高いとしている。

 メルクは米国で緊急使用許可が認められ次第、厚生労働省に日本国内での製造や販売を申請する見込みだ。厚労省はその後、速やかに審査する方針で、年内の特例承認をめざす。

 モルヌピラビルはウイルスの増殖を防ぐことをねらった薬で、12時間おきに5日間、計10回服用する。臨床試験は高齢や肥満、糖尿病といった重症化のリスクが高く、ワクチンを接種していない軽症や中等症の患者が対象だった。中間結果では入院したり死亡したりするリスクを半減させることができた。

 ただ、参加者を約1500人まで増やした最終的な解析結果では、モルヌピラビルと偽薬をのむ二つのグループに分けて検証したところ、入院したり死亡したりするリスクは約3割の減少にとどまった。

 FDAの諮問委では、13人の委員が重症化するリスクが高い人への緊急使用許可に賛成、10人が反対した。反対した委員からは、薬によってウイルスに変異が生じるリスクを懸念する声が相次いだ。

 この薬が新たな変異株「オミクロン株」にも有効かについて、諮問委で説明したメルクの幹部は、「まだ調べていないが、サンプルを集めて検査するために取り組んでいる。結果が明らかになりしだい公表したい」と話した。

 メルクはモルヌピラビルを今…

この記事は有料会員記事です。残り404文字有料会員になると続きをお読みいただけます。