フィギュアGPファイナルどうなる? オミクロン株、スポーツ界に影

有料会員記事

菅沼遼、塩谷耕吾、照屋健
[PR]

 新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染拡大で、外国人の新規入国の一時停止などの水際対策強化策がスポーツ界に大きな影を落としている。オランダ遠征を終え1日に帰国したサッカー女子日本代表(なでしこジャパン)の選手たちは14日間の隔離を余儀なくされ、4日に予定されていた国内リーグ「WEリーグ」5試合の延期が決まった。大阪で9日に開幕するフィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルなど、国際大会の見通しも不透明だ。

 スポーツ庁は昨年11月以降、オリンピック(五輪)・パラリンピックの選手を中心に、一定の条件を満たせば、入国後14日間の自主待機期間中でも、4日目以降は試合出場などを認める特例措置を取ってきた。

 しかしスポーツ庁国際課によると、今回は「現時点では何も決まっていない」。なでしこジャパンについては、取り急ぎ政府の方針に合わせ、特例措置の適用を停止したという。

 スポーツ庁の担当者は「北京五輪・パラリンピックに向けて特例を認めるか、まさに話し合っているところ。なるべく早く方針を決めたい」とするが、同庁幹部は「内閣官房に特例措置を求めているが、かなり厳しいという空気は漏れてきている」と言う。

 冬季競技では、スピードスケ…

この記事は有料会員記事です。残り698文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    井本直歩子
    (元競泳五輪代表・国連職員)
    2021年12月1日22時46分 投稿
    【提案】

    また夏季五輪前の状況がぶり返したような感がありますが、北京冬季五輪も近づいてきており、競技団体の対応力、マネジメント力、そして選手たちの柔軟性、タフさが求められます。東京五輪の教訓を集約し、コロナ禍での準備面で何がうまくいったか、いかなかっ

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]