増田明美さんも「残念」 神戸開催の世界パラ陸上、再び延期へ

岡田健
[PR]

 神戸市で開催される予定で、来年夏に延期されていた世界パラ陸上競技選手権大会が、再び延期される見通しとなった。大会組織委員会が1日、神戸市内で総会を開き、国際パラリンピック委員会などに延期を申し入れることを決めた。2024年春の開催を念頭に協議を進めるという。

 大会は当初、21年9月に開かれる予定だったが、東京オリンピック・パラリンピックが1年延期されたため後ろ倒しになっていた。再延期の理由について組織委の加藤久雄事務局長は記者会見で、新型コロナウイルスの終息がまだ見通せないことをあげ、「来夏の開催だと安全で円滑な大会運営に不安要素がある」と説明した。女子マラソン元五輪代表の増田明美・組織委会長は、「残念ではあるが、今の状況だと選手にも、ボランティアなど支える側にもいろいろな制約がある。延期することでより良い環境で大会ができれば」と話した。

 大会には約100カ国・地域から選手約1300人が参加する予定だ。岡田健