雑居ビルの一室 店の奥から持ってきた錠剤は…模造品販売容疑で逮捕

[PR]

 性機能改善薬「バイアグラ」などの模造医薬品を販売したとして、近畿厚生局麻薬取締部は、いずれも韓国籍の飲食店経営、梁京叔(ヤンキョンスク)(49)=大阪市住吉区庭井1丁目=と無職、浅野恵子こと李恵順(リヘスン)(66)=同市浪速区恵美須西2丁目=の両容疑者を医薬品医療機器法違反(模造医薬品の販売、販売目的貯蔵)の疑いで逮捕し、1日に発表した。容疑を認めているという。

 同部によると、両容疑者は9月17日、大阪市中央区のビル内に入る店舗で、客を装った同部の麻薬取締官に、性機能改善薬「シアリス」の模造品計30錠を販売した疑いがある。見た目は本物の錠剤に似ていたが、同部がメーカーに問い合わせたところ、偽物とわかったという。

 同部は10月に李容疑者をこの容疑で逮捕。店舗などを捜索し、シアリスやバイアグラなどの性機能改善薬を装った計6万2883錠の模造品を押収した。梁容疑者もその後、同容疑で逮捕。李、梁両容疑者は模造品を貯蔵した容疑でも再逮捕された。大阪地検は11月、販売・貯蔵の両方の罪で起訴した。

 同部は、「ビルの一室で週末の午後、模造医薬品が売られている」という情報提供で捜査を開始。店舗は雑居ビル内にあり、ビル1階のテナント案内には運送会社のプレートが掲げられていたという。店舗の入り口付近についたてが置かれて中が見えないようになっていた。

取締官は客に扮して訪れた

 麻薬取締官が客に扮して店舗を訪ねると、ついたての奥から李容疑者が現れ、取締官が「シアリス」を購入しようとすると、李容疑者は奥から30錠が入ったボトルを持ってきて、2千円を払うよう求めたという。

 同部によると、両容疑者は7~8年前からの知人という。押収した売り上げメモなどから、この店舗で1年ほど前から模造品を販売し、月々30万円程度の売り上げを得ていたとみており、入手経路などを調べている。