トヨタ労組、「組合員平均」の賃上げ要求廃止へ 職種や職位ごとに

近藤郷平
[PR]

 トヨタ自動車労働組合が2022年春闘で、全組合員平均で賃上げを要求する方式を廃止する執行部案を固めたことがわかった。職種や職位ごとに標準的な賃上げの要求額を示す方向に転換する。組合員に賃上げ水準をわかりやすく示す狙いだが、外部からトヨタ春闘の動向がいっそう見えにくくなる可能性がある。

 執行部案では、事務職や技能職などの職種や職位ごとに、ベースアップや定期昇給を含んだ標準的な賃上げ要求額を示す。具体的な要求額は今後詰め、来年2月に正式決定する。

 トヨタ労使は18年春闘から、経営側が具体的なベースアップ額の公表をやめるなど、春闘相場のリード役から離れる流れが強まっていた。トヨタ労組も21年春闘で「1人平均9200円」を要求する一方で、要求額にベアを含んでいるかどうかについて組合内外に非開示とした。

 トヨタ労組は今回の見直しで「(要求水準が)分かりやすくなり、組合員一人ひとりが当事者意識を持ちやすくなる」と説明する。ただ、平均での要求をやめると、過去の要求との比較ができなくなる。国内最大手の製造業として注目されるトヨタの春闘の動向が、より不透明になりそうだ。(近藤郷平)