第15回朝日杯将棋の見どころは 藤井聡太竜王と木村一基九段が展望

[PR]

 来年1月の第15回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)の本戦開幕を前に、オンライン記者サロン「将棋・朝日杯本戦直前! 歴代優勝者が語る勝負どころ・見どころ 藤井聡太竜王vs木村一基九段」を開催します。

 本戦は前回覇者の藤井竜王や4強の渡辺明名人らシードの棋士と、予選を勝ち抜いた棋士ら16人がトーナメントで戦います。持ち時間がそれぞれ40分の早指し戦で、毎年、本戦1、2回戦の一部が名古屋で、決勝と準決勝は東京で行われます。

 トップ棋士が勢ぞろいする厳しい戦いをだれが勝ち抜くのか。記者サロンでは、朝日杯優勝経験のある藤井竜王(第11回、第12回、第14回優勝者)と木村九段(第4回優勝者)に、今回の見どころや自身の朝日杯での戦いなどについて語っていただく予定です。進行役は朝日新聞文化くらし報道部将棋担当の村瀬信也記者が務めます。

 配信は12月15日から来年1月15日まで。朝日新聞の購読者と朝日新聞デジタルの有料会員は、無料でご視聴いただけます。詳細や申し込みは募集ページ(https://ciy.digital.asahi.com/ciy/11006400別ウインドウで開きます)で。