北海道内各地で強風、十勝では6千戸超停電 2日は猛吹雪も

[PR]

 北海道内では1日、発達した低気圧の影響で各地で強風となり、えりも岬では最大瞬間風速36・6メートルを記録。北見市では午前8時ごろから風雨が強まり、最大瞬間風速24・2メートルを記録。北見北斗高校では高さ20メートルほどのトドマツが折れ、テニスコートのフェンスが壊れた。北見地区消防本部によると、住宅や車庫の屋根のトタンなどがはがれたり、物置や看板が倒れたりする被害通報が6件あった。

 北海道電力によると、1日午後7時現在で十勝地方を中心に6130戸が停電し、復旧したものも含めると延べ1万4920戸に達した。北電は非常災害対策本部を設置。帯広市と更別村は避難所を開設した。

 道のまとめでは、留萌市で80代男性が風にあおられ転倒するなど2件の人的被害が出た。いずれも軽傷。岩見沢市、釧路市、網走市厚岸町などで住宅や物置の屋根が飛ばされるなどの物的被害も計19件出た。

 JR北海道によると、1日午後8時時点で、札幌―旭川と札幌―釧路、札幌―帯広間の特急15本と、函館線釧網線花咲線の快速・普通37本の計52本が運休した。札幌―帯広間の特急は3時間以上の遅れが出た。2日も強風と大雨の影響で設備点検が必要になるため、花咲線と釧網線の快速と普通計11本の運休が決まっている。また、降雪で留萌線と函館線の普通計8本を運休する。

 道教育委員会によると、道内の公立学校では胆振地方や道東などを中心に206校が臨時休校となったほか、28校が登校時間繰り下げ、19校が下校時間繰り上げの措置を取った。胆振地方では小中学校計29校が2日の臨時休校を決めた。

 札幌管区気象台によると、2日昼前にかけて日本海側の石狩、後志地方で猛吹雪のおそれがあり、石狩北部、空知、後志の各地で2日午後6時までに40センチの24時間降雪量が予想される。