第3回見つからない脳腫瘍の治療法 声を失った少女がしゃべりたい言葉は

有料会員記事

編集委員・辻外記子
[PR]

 福井市の浪花莉愛(りな)さん(12)は2歳を前に、脳腫瘍(のうしゅよう)の手術の後、声帯をとる手術をうけて声を失った。

 2021年5月、父親の浩和さん(52)はツイッターで偶然、研究開発中の新しいタイプの人工喉頭(こうとう)の存在を知った。

「これは、新型の人工喉頭です」

 東京医科歯科大学摂食嚥下(えんげ)リハビリテーション学分野のアカウントの発信だった。

 「これを使うと、声を失った方々がマウスピースを入れるだけで簡単にお話ができるようになります」

 デバイスを使って、音を出す動画もあった。

 開発をした大学院生の山田大志さん(29)が「こんにちは。これは、新型の人工喉頭です」などと話していた。

 耳は聞こえるけれど、声を出せない莉愛さんは、口の動きや身ぶり手ぶり、筆談で、家族や友人とのやりとりをしてきた。

 最近では、スマートフォンを使ってメッセージを送ることが増えていた。

 伝えたいフレーズを選ぶと音が出るスマホのアプリも使い始めていた。

 「いまの方法でいいかな」

 そう浩和さんは思っていた。

 だが「莉愛ちゃんと再びお話ができるかもしれない」と思った。

 「素晴らしい技術。リナちゃんとも、これでお話しできるかも。片まひがあっても使えるのか、知りたいところ」と、書いてリツイートをした。

2歳を前に2度の開頭手術を受けた莉愛さん。度重なる再発で治療は続き、家族は温かく支え続けています。病気と共に歩む莉愛さんの成長と家族のこれまでを、全4回にわたって紹介します。この記事の末尾には、莉愛さんが新しいデバイスを使う様子を動画でご紹介しています。

「片まひどころか……」

 山田さんは「片まひどころか…

この記事は有料会員記事です。残り1191文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!