冬を彩る葉ボタンの出荷最盛期 兵庫県加西市

西岡臣
[PR]

 クリスマスや正月シーズンを前に、兵庫県加西市では紫、白、ピンクなどのカラフルな葉ボタンの出荷が最盛期を迎えている。

 同市の高見園芸では広さ2千坪の敷地で約25万鉢を栽培し、全国の花屋やホームセンターに出荷している。葉ボタンは近年、クリスマスや正月の飾りのほか、一般的なリースや寄せ植えにもよく使われているという。

 今年は晴れの日が多く、色付きが良かったという。同園の高見昌伸さん(49)は「葉ボタンは冬場を彩る一番の飾り。ぜひ多くの人に楽しんでほしい」と話している。出荷作業は12月中旬まで続く。(西岡臣)