ウィズコロナ→コンビニはショールームに? ファミマ社長の戦略

[PR]

 個人消費は徐々に戻りつつあるが、消費行動はコロナ禍で大きく変わった。ファミリーマートの細見研介社長は変化を踏まえて「コンビニのメディア化を進める」という。どういうことなのか。

 今秋の緊急事態宣言の解除後は昼間を中心に人出が多くなってきました。10月でみると、コロナ前の2019年の同じ月と比べて客数で90%程度、売り上げで95%程度まで回復しました。夜の需要は、まだ戻りきっていない。帰宅時間が早い人がまだ多いということだと思います。

 感染拡大の「第6波」が来なければ、人々は出歩くことに慣れていくので、回復傾向は変わらないと思います。それでも、コロナ前に戻るには、あと1年くらいの時間が必要になると思っています。

 コロナ禍の消費の大きな変化…

この記事は有料会員記事です。残り361文字有料会員になると続きをお読みいただけます。