農業の「脱炭素」どうやって実現? クボタの北尾社長に聞く

[PR]

 農業を含む食料分野から出る温室効果ガスは世界全体の4分の1にのぼる、と言われる。脱炭素の取り組みをどう進めるのか。トラクターなどの農業機械を手がけるクボタの北尾裕一社長に聞いた。

 今年5月につくった「環境ビジョン」で、製品の製造・販売などのカーボンニュートラル(脱炭素)を2050年に実現する方針を掲げました。食料・水・環境の三つの分野で取り組みます。

 これまでも環境に配慮する取り組みは進めていましたが、より長期的な視点に立って考えていきます。世界ではアジアやアフリカを中心に人口が増え、50年には100億人近くに達すると言われます。食料需要は1・6倍になると言われ、今まで以上に食料分野で脱炭素を進める重要性が高まります。

 農業では多くの温室効果ガスが出ます。たとえば田んぼに水をはると地中のメタン菌が増えて、メタンガスが発生します。大気中に出た時の温室効果は、二酸化炭素をはるかに上回ります。

 稲の成長を管理するために水…

この記事は有料会員記事です。残り299文字有料会員になると続きをお読みいただけます。