アンモニア、なるか脱炭素の切り札 三井物産「生産から供給まで」

有料会員記事景気アンケート2021年秋

聞き手・佐藤英彬
[PR]

 二酸化炭素を出さない発電用の燃料として、肥料などに使われてきたアンモニアに注目が集まっている。海外からの輸入を手がけている三井物産の堀健一社長に、その将来性について聞いた。

     ◇

 アンモニアプロジェクトで具体的に進んでいるものに、アラブ首長国連邦(UAE)と豪州の二つがあります。UAEは2025年の生産開始を、豪州では28年を目指しています。計画通りにいけば、合計で年100万トン以上の生産が可能となります。

 アンモニア製造に必要な水素は天然ガスから取り出しますが、弊社は50年近くにわたり天然ガスの生産を手がけており、技術的な蓄積もあります。

 豪州では自社運営のガス田も…

この記事は有料会員記事です。残り332文字有料会員になると続きをお読みいただけます。