女子テニス界が中国に反旗 商業圏より選手保護、IOCに気兼ねなし

有料会員記事

ロンドン=遠田寛生、北京=高田正幸、稲垣康介
[PR]

 中国共産党の元高官から性被害を受けたと告発した中国出身のプロテニス選手、彭帥(ポンショワイ)さん(35)の安否が懸念される問題で、世界の女子ツアーを統括する女子テニス協会(WTA)のスティーブ・サイモン最高経営責任者(CEO)は1日、「香港を含めた中国で開催予定の大会をただちに凍結する」と発表した。中国の人権問題が絡み、主要なプロスポーツ団体が大会の引き揚げを通告する異例の事態だ。

 サイモン氏は「残念だが、中国側は信頼できる形で向き合ってくれていない。どこにいるかは分かったものの、彼女が自由かつ安全で、検閲や強制、脅迫の対象になっていないかの疑いはぬぐえない」と理由を説明した。

 11月2日夜に本人のアカウントとみられるSNSから被害の告発があってから、WTAは彭帥さんと連絡が取れていない。

 WTAが断固とした姿勢を取るのはなぜか。

 中国市場は頼みの綱ではある…

この記事は有料会員記事です。残り908文字有料会員になると続きをお読みいただけます。