スケボー練習にどうぞ 「アクアドームくまもと」の駐車場開放へ

有料会員記事

堀越理菜
[PR]

 スケートボードができるスペースとして、熊本市は今月中旬からアクアドームくまもと(南区)の駐車場の一部を開放する。練習場の設置を要望した熊本県スケートボード協会に大西一史市長が伝えた。市が正式にスペースを確保するのは初めて。

 市スポーツ振興課によると、開放するのは第3駐車場の一部(約400平方メートル)。施設の開館日の午前10時~午後5時に、誰でも無料で利用できるようにする予定。ローラースケートなど他のローラースポーツの利用も想定しているという。障害物などは設置しない。ドームで大規模イベントなどがある時は駐車場として利用する。

 市は、これまでアクアドームくまもとの一部エリアで練習を容認していた。スケボーの競技人口の増加を受け、安全に練習できる場所の確保を検討してきた。第3駐車場は普段は閉鎖しており、周辺に住宅もないことから、適切と判断したという。

協会が要望書

 県スケートボード協会は11…

この記事は有料会員記事です。残り1098文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    中小路徹
    (朝日新聞編集委員=スポーツと社会)
    2021年12月3日13時11分 投稿

    【解説】 あまり使われない駐車場でスケボーをどうぞ――市民のニーズに応えた、柔軟なスポーツ政策だと思います。  あまり焦点が当たりませんが、今年はスポーツ基本法が施行されて10年、という節目です。  この法は、前文で「スポーツを通じて幸福で豊か