京都駅前の郵便局が建て替え計画 高さ規制を大幅超の14階建てビル

向井光真、諏訪和仁
[PR]

 JR京都駅前の京都中央郵便局(京都市下京区)について、運営会社の日本郵便東京都千代田区)などが地上14階建ての複合ビルに建て替えを計画していることが分かった。京都駅ビルとほぼ同じ高さ約60メートルで、市の高さ規制31メートルを大幅に超える。市が「都市再生特別地区」に決定すれば、建設が可能となる。

 京都中央郵便局は地下1階、地上6階建てで高さ約40メートル。延べ面積は約4万3千平方メートル。1961年の完成から60年が過ぎ、老朽化が進む。下層階は配送車の発着や作業に使うため通常の建物より天井が高く、事務所や商業施設などへの転用が難しい。そのため、建て替えることにした。

 日本郵便と京都駅ビル開発(下京区)が京都市に11月22日付で提出した開発構想届によると、この郵便局と、隣接する立体駐車場を合わせた1万200平方メートルの土地に、地上14階・地下4階建てのビルを建設するというものだ。

 郵便局だけでなくホテルや事務所、商業施設も入り、駅前広場のバスターミナルの一部も移設する計画。「京都の『まちの玄関口』として京都駅ビルとの一体的な駅前景観の形成や新たなランドマークの創出に取り組む」としている。2029年度の工事完了を目指しているという。

 市は「新景観政策」で、計画地の建物の高さの上限を31メートルに規制している。今後、市都市計画審議会などで審議し、国の都市再生特別措置法に基づく「都市再生特別地区」に市が決定すれば、規制の高さを超えた建物の建設が可能となる。

 日本郵便の担当者は「地域のみなさまへの丁寧な説明を継続して実施することで、ご理解をいただけるような計画としていきたい」、京都駅ビル開発の担当者は「京都駅周辺の活性化につながるような施設にしたい」とコメントしている。

 地元住民らへの開発構想の説明会は、4日午前10時と午後2時、下京区のメルパルク京都5階の会議室Aで開く予定だ。(向井光真、諏訪和仁)