五輪マラソン補欠の大塚が解放されたのは… 福岡国際で主役をめざす

有料会員記事

堀川貴弘
[PR]

第75回福岡国際マラソン選手権大会(朝日新聞社など主催)が12月5日午後0時10分、スタートする。最後の大会に臨む注目の選手たちを紹介する。

 レースの直前まで、札幌の街を走るための準備をした。

 大塚祥平(27)=九電工=は2019年のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で4位に入り、東京五輪の「補欠」になった。

 五輪本番直前、札幌の宿舎で、中村匠吾服部勇馬と顔を合わせても、交わした言葉は少なかった。「代表選手はプレッシャーがあって大変だなと見ていました。補欠とは注目度が全然違う」

 一部の代表選手の調整不足を耳にしていたが、自ら「走りたい」といったそぶりを表に出すことはなかった。スタートラインをめざしている選手への配慮だったのだろう。「代表がどんな状態であっても準備しなければいけない立場。やりにくさはなかった」

 「補欠」の立場から解放され…

この記事は有料会員記事です。残り687文字有料会員になると続きをお読みいただけます。