カナダグースに中国で猛批判、返品巡り「差別的ルール」 当局も聴取

有料会員記事

北京=西山明宏
[PR]

 高級ダウンジャケットで日本でも人気のブランド「カナダグース」の顧客対応をめぐり、中国で批判が巻き起こっている。商品に問題があったため購入者が返品しようとしたところ、店側が拒否。大陸だけ返品が出来ない差別的なルールがあるとして、国営メディアや当局までが批判する事態となっている。

 発端となったのは、カナダグースの商品を購入した女性の訴えを受けて取材したネットメディアの報道だった。このメディアによると、女性は10月下旬に上海市内のカナダグースの専売店で1万1400元(約20万円)のダウンジャケットを購入。だがロゴの刺繡(ししゅう)が本来のものと異なり、中の縫製が緩く糸がほつれ、生地から異臭がしていたという。

 女性が翌日に返品したいと店に訴えると、いかなる理由があっても店舗で実物を見て購入したら返品することができないと言われた。さらにカナダグースの本社に問い合わせても写真だけでは本物か偽物かわからないとの回答があった。

 中国のネット上ではカナダグースは米国や英国などで30日間の返品期間が設定されており、返品が出来ないのは「大陸だけの差別」「横暴な条項」だとしてネットで批判が続出。カナダグースの現地法人はSNS上で1日、「中国の法律に基づいて返品できる」との声明を出し、店舗の対応に問題があったと釈明した。

 だがこの声明に対しても、国営の中国中央テレビはネット上で「ダブルスタンダードだ」「お宅の商品に希少性はない」などと批判する社説を載せるなど、多くの中国メディアが連日報道。さらに1日には上海市当局がカナダグース側を聴取。2日になって店舗側は女性の返品に応じた模様だが、事態は収まる気配がない。

 カナダグースをめぐっては…

この記事は有料会員記事です。残り317文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!