さよならMD、店頭からも辞書からも 平成に刻まれた思い出は消えず

有料会員記事

斉藤佑介
[PR]

 「ミニディスク」(MD)を覚えていますか? 音が飛ばず長時間録音できるのが売りで、カセットテープに代わって1990年代に一時代を築いた。しかし、再生機器の生産は終わり、今年「コギャル」などの言葉とともに辞書からも消える。「平成」がまた遠くなっていく。

 「懐かしい……」。東京都内の団体職員の女性(44)は10月、引っ越しの際にMDを2枚見つけた。正方形のケースに覆われた直径64ミリの小さなディスク。高校生のころ、通学中に聞いた英語教材のようだ。

 MDコンポで再生しようとしたが、故障していて聞けなかった。レンタル店でJポップのCDを借りてはMDにダビングし、何十枚も持っていたのは一昔前。「寂しいけど時代の流れかな」

 MDデッキを唯一製造してい…

この記事は有料会員記事です。残り1178文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!