• アピタル

NYでオミクロン株の感染相次ぐ アニメイベント出席者を追跡調査へ

オミクロン株新型コロナウイルス

ニューヨーク=中井大助
[PR]

 米ミネソタ州の保健当局は2日、州内の成人男性から新型コロナウイルスオミクロン株が確認された、と発表した。米国内でオミクロン株の感染確認は2例目とみられる。男性は11月19日から21日にかけて、ニューヨーク(NY)市で開かれていた大規模なアニメイベントに出席しており、NY市はイベントの出席者らに対し、直ちに検査を受けるよう呼びかけている。

 また、NY州のホークル知事は2日、この男性と別に州内で計5人からオミクロン株が確認された、と発表した。うち4人はNY市内で確認されたが、感染がお互いに関係したものかどうかは、分からないという。コロラド州の保健当局も2日、アフリカ南部から帰国した州内の女性からオミクロン株が確認されたと発表しており、米国内で感染が相次いで判明している。

 NY市のデブラシオ市長は感染判明を受け、「オミクロン株の感染が市内で広がっていると想定すべきだ」と声明を発表した。イベント会場やNY州などとも協力し、出席者の追跡を行うという。デブラシオ氏や会場によると、イベントへの出席はワクチン接種が条件で、会場ではマスク着用が義務づけられていた。

 ミネソタ州によると、感染が判明した男性はワクチンを接種している。22日から軽い症状があり、24日に検査を受けた。現在は回復しているという。男性が出席していたのは、「アニメNYC」と呼ばれるイベント。NY市内の大規模なコンベンションセンターで開かれ、会場によると3日間で約5万3千人が参加した。 アニメNYCは日本のポップカルチャーなどを紹介することが目的。在ニューヨーク日本総領事館も会場でコンサートを共催するなどしており、領事館の関係者も出席していた。(ニューヨーク=中井大助

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]